TopPage > 関連会社の生保レディー

関連会社の生保レディー

"生保というのもじつのところ、何のことやらとりとめのないことであり、死亡に対してお金をかけるような感覚そのものが理解しがたいものとしてあります。

ある種の保障であり、必要とするか否かは、わかりません。あくまでも保険にすぎないためです。

就職するようになって会社のオフィスにいたときにも、関連企業の生保レディーが毎月のようにオフィス内を話し歩いていました。40代後半ぐらいの人でした。

デスクにはその名刺が置かれていることがあります。生保に関してはその生保レディーしか訪問に来れなかったのか、たんに来なかったのかわかりませんが、もっぱら同じ人が名刺をまいていました。

担当先として決まっていたのかもしれず、そのあたりは不明なままです。

月に1度は来ており、社員のなかには加入している人もいるようで、知り合いのようでした。

新入社員などはお金がないため、生保に加入することなどありませんが、何年かたってから加入する人もいるというようにさまざまです。

"

前のページ | 次のページ

最新の関連するエントリー